薬剤師で転職を決める理由とは

薬を販売できる場所が増加したことで業務内容や給与にも変化

薬剤師 転職 / 薬剤師求人・転職サイトの比較【2019年12月最新ランキング】

薬を販売できる場所が増加したことで業務内容や給与にも変化ドラッグストアの薬の販売では接客でも転職に繋がる理由があります自分が最大限納得出来る条件と環境を見つけることが重要

日本には職業選択の自由があり、仕事を変わることについて制限はありません。
しかし、社会的に国家試験を持って就職していながら転職を考える人も多く、そこには一般的に知られていない事情が存在しています。
薬剤師は大学の薬学科での教育と国家試験に合格しなければ就職できない職業であり、他の業種と比較しても給与面が優遇されている業種になりますが、近年の置かれている事情から退職する場合があります。
現在は薬を販売できる場所が増加していて、求人数はとても高くなっています。
以前であれば医療機関や薬局という限られたところしかなかったので求人数は多くありませんでしたが、その専門性の高さから給与は高額の部類でした。
それは今でも同じですが、薬を販売できる場所が増加したことで業務内容や給与にも変化が生じていて、これが退職する理由にもなっています。
医療機関や薬局では医師が処方した処方箋から必要な薬剤を調合するという業務を行なうことになり、薬に関係する業務以外を行うことはありませんでした。
ところが薬剤の販売場所が増えたことでドラッグストアだけでなく、コンビニエンスストアでも販売できるようになったことで業務内容に変化が生じています。
これは本来の業務である薬の調合という業務がメインであるのは間違いありませんが、空いている時間に他の業務を兼業しないケースがあるからです。
これは他の業種では薬の販売だけでは店舗を維持するのが難しく、所属している従業員であるために薬剤師としての仕事以外も行うことになります。
ドラッグストアは薬を常設販売していますが、他にも日用雑貨や食料品など多くの商品を販売していて、この販売や接客なども行うケースがあるでしょう。